転職先が決まった場合の退職に関する交渉のコツ

転職先が決まって最初に行う事

 転職先が決定したら、すぐに在籍している会社の上司などに退職の手続きを行います。退職を行う場合には、辞表を提出する前に退職の交渉を行っておきます。上司などが妥協して、円満な退職をする事は困難な場合もあって、円満に退職するための交渉の行う術を身につけておきます。円満に退職を果たすための基本的な行動は、上司ときちんと向き合いながら退職の交渉を行う姿勢を持つ事です。

退職に関する上司などとの交渉のポイント

 現在の仕事に就いていて、交渉を行う場合にむやみに現職の不満を言及しないで、現職に満足している事を前置きとして交渉します。上司によっては、スキルやキャリアの豊富な社員を現職として残したい人も多いので、上司と示談する時にこれまで育成してもらった事の感謝を前面に押し出します。基本的に転職が決まったら、現職での出世や給料のアップがある事を頭に入れないで、退職の意思を貫く事が重要です。

エージェントなどからの意見も参考にする

 転職先が決まったら社員との派風を立てたり、転職先などの情報を表沙汰にしない事が基本です。退職の交渉が円滑に行かなければ、どんよりとした空気の中で会社での生活を送る事も考えなければならないです。退職のやり方に関して、会社の業務などに関係ない転職のエージェントからなどのアドバイスを受けて、円満な退職を行うためのアドバイスを活用する事も考えます。

web analytics