転職活動で知っておくべき採用担当者のタイプとは

採用担当者は相性が良い応募者を好む

 人間の習性に関して、習慣になっている行動や言動のパターンを誰でも所持しています。従って、言動などが他人と相似している人に関しては好感を持つ傾向です。転職活動で面接や面談を行う際、応募者の対応などを評価しながら、採用担当者との相性の良さの度合いが採否に影響してくる事もあります。採用担当者のタイプを掴みながら、相性に関して見計らって、できるだけ選考に関する評価を良くするように努力します。

採用担当者によるタイプとは

 採用担当者のタイプの典型的な例として、まっすぐな性格を持つタイプがあります。応募者側が会社側にメリットをもたらしてくれるかどうかを重視していて、分かりにくい返答などは嫌われやすいです。一方で、独創的な考えを持つ事を主眼としている面接官もいて、好奇心旺盛である応募者や独創的な応募者を好む傾向です。会社で気配りのある言葉で、社員との和を作れる事を主眼にしている面接官は、コミュニケーションの能力を重視している場合が多いです。

面接官のタイプを認知する

 応募者が採用担当者と面談を行う場合、受け答えなどの流れから面接官の性格を掴んで、応募者自身のタイプを認知しておきます。面接で緊張する人の場合は面接官を怖がったり、認知していない場合が多いです。採用担当者の性格を掴んでおく事で、面接で緊張した場面でもすぐに対応できるメリットがあります。

web analytics